中村仁美さん

    公式プロフィール中村仁美さん

    YouTubeニコニコ動画リアルタイム検索5ちゃんねるGoogle画像検索ウィキペディア

    名前中村 仁美
    (なかむら ひとみ)
    生年月日1979年6月8日
    出身地神奈川県(生まれは大阪府)
    身長165cm
    血液型AB型
    最終学歴お茶の水女子大学生活科学部
    所属事務所アミューズ
    配偶者有り
    関連

    経歴


    5歳の時の写真
    旅の恥はかきすて日記~ミラクルジャーニー
    出典 局アナ当時のブログ(11年5月)


    中学・高校の6年間、陸上部(短距離)に所属。

    大学時代、アメリカに1か月間の短期留学を経験。
    在学中は、生活材料物性研究室に籍を置き、卒業研究で『茜含有色素のHPLCによる化学的分析』という素人の私にはよく分からない難しそうなことを行っていました。

    2002年、フジテレビに入社。
    同期は中野美奈子さん
    「笑っていいとも!」や「ノンストップ!」といったバラエティーや情報番組を数多く担当しました。

    配偶者、大竹一樹さん(さまぁ~ず)のプロフィール
    ※左の男性

    さまぁ~ず
    2011年3月8日、芸人の大竹さんと結婚。
    中村アナ31歳、大竹さんは43歳。

    結婚前の共演映像
    当時、好きな男性のタイプは『筋肉質で三枚目(芸能人だとトータス松本さん)』だと発言

    YouTube_201903071243567a5.jpg

    https://www.youtube.com/リンク


    2011年8月、「とんねるずのみなさんのおかげでした」の企画で配偶者の大竹さんが婚約指輪と結婚指輪を購入。合計365万円なり。
    YouTube_20190307131311476.jpg

    2012年のアナウンサーカレンダーではウエディングドレス姿を披露
    今日のぽんさま
    (11年11月20日)


    この撮影が縁となり、結婚式でも同じスタッフさんに衣装やメイクを頼んだそうです。 出典 eltha(11年11月19日)

    出川哲朗さんが結婚式の模様をブログで報告
    出川哲朗 official ブログ
    出典 出川哲朗さんのブログ(11年11月8日)


    2012年3月、第1子となる龍臣(りゅうじん)君を出産。 出典 まんたんウェブ(12年4月16日)

    生後間もない頃、配偶者の大竹さんが夫婦間で取り決めたあるルールを明かしました。
    発端は帰宅した大竹さんが、息子の寝顔を見ようとしたところ『起きたらどうしてくれるんだ』と中村さんから注意を受けたことがきっかけでした。それ以降、大竹さんは、子供に夜間50センチ以内には近づいてはいけないという、夜間飛行並みの厳格なルールが出来上がったらしいです。 出典 まんたんウェブ」(12年11月4日)

    2015年5月、第2子、泰雅(たいが) 君を出産。 出典 デイリースポーツ(15年9月11日)

    2017年7月、1日付でアナウンス室から営業局に異動。
    同月、フジテレビを退社する意向であることが判明。同局の発表によると、子供との生活を優先する為に以前から退社のタイミングを計っていたそうで、人事異動がきっかけになったといいます。 出典 日刊スポーツ(17年7月7日)

    同月21日をもって退社したことをブログで報告。 出典 中村さんのブログ(17年7月21日)

    2019年3月、ラジオ番組「伊集院光とらじおと」内で夏前ぐらいに第3子を出産する予定であることを報告しました。『老体にむち打ちまして、高齢出産なので無事に生まれてくるか本当に心配。3回目ですけど今回一番心配ですね』と胸の内を明かしています。 出典 日刊スポーツ(3月7日)

    2019年6月、第3子鷲(しゅう)君を出産。 出典 スポーツ報知(6月25日)

    人柄


    モットー泣いても笑っても 人生は一度っきり!!
    短所やる気満々なのにやる気がないように見られる所、人見知りな所
    趣味読書、旅行、車の運転
    好きなものフジテレビ、旅行、みんなでご飯を食べる、6と8
    苦手なもの山芋、そば、虫、社交辞令


    主な出演番組


    TBSラジオ「伊集院光とらじおと」(2018年10月から)。

    ネット上の評判


    第3子妊娠おめ。
    バラエティでは双方ディスりあってるけどやっぱ仲良いんやーん。
    51歳の夫と39歳の妻で3人目のお子さんとか、変な意味じゃなくてほんとに夢があるなあ。・・・などの声が挙がっていました。


      最新記事




      関連記事


      <