喜多ゆかりアナ(ABCテレビ) - 地方局の女子アナ

喜多ゆかりアナ(ABCテレビ)


YouTubeニコニコ動画リアルタイム検索5ちゃんねるGoogle画像検索ウィキペディア

名前喜多 ゆかり
(きた ゆかり)
生年月日1981年4月28日
出身地埼玉県
身長162㎝
血液型B型
最終学歴日本大学芸術学部放送学科
入社2004年
配偶者
関連
担当番組


経歴


幼少期は子役をされており、10歳の時にはテレビ東京「大江戸捜査網」(1992年)に出演していました。

10歳の時と、2015年に出演した「必〇仕事人」の画像
関西女子アナ
(15年11月26日)


お笑い好きで、学生時代は録音した深夜ラジオ(TBS「伊集院光 深夜の馬鹿力」)を聴きながら通学していたそうです。
大学在学中には“いか天ピーナッツ”というコンビ名で「M-1」に出場し、最高成績は3回戦進出でした。

2003年の予選大会出場時点で、すでにABCテレビから内定を得ていました。ちなみに相方の戒能真理さんは早稲田大学を卒業後、テレビ朝日に4年間勤務され、現在は放送作家等の活動をされています。
M-1GP2003.jpg
出典 M-1GP2003



2004年、ABCテレビに入社。
入社2年目の4月から「おはよう朝日です」のアシスタントを担当。早朝の時間帯ながら平均視聴率が11~12%という人気番組です。
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/08/31/kiji/K20160831013265360.html

2010年、「M-1グランプリ2010」敗者復活戦のリポーターを担当。

2011年10月から「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」の初代アシスタントを担当。



2011年2月、後輩社員と結婚。
喜多アナ29歳、お相手は4歳年下です。
同じ番組を担当したことがきっかけで、よく飲みに行くようになり、すぐに意気投合。2009年5月から交際をされていました。
喜多アナはお相手の人柄を『ひょうきんで明るくて頑張り屋さん。いろいろな面で彼から学ぶことが多く、尊敬できる人』だとしています。交際相手には必須条件だったお笑い能力も身につけており、『この人とだったら刺激しあって、お互いを高められると確信した』とおっしゃっていました。https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/02/04/kiji/K20110204000182520.html

2016年7月、「おはよう朝日です」内で妊娠5か月であることを報告。同年9月、11年半にわたって担当した「おはよう朝日です」を卒業。

卒業回には父親も駆けつけ、盛大なグランドフィナーレとなりました。

「おはよう朝日です」(16年9月)
YouTube_20200625222433594.jpg

https://www.youtube.com/リンク


同年12月、第一子となる女児を出産。

2018年3月、産休から復帰。

2019年6月、「喜多・西森のゆかいな金曜日!」内で第二子を妊娠していることを報告。
同年12月、第二子長男を出産。

2021年2月現在、産休に入られています。



人柄


アナウンサーになっていなかったら高校の時の夢はバイオテクノロジーの研究員。小学校の時の夢は、ところてん・・・どんな夢やねん
自身を野菜に例えるとゴーヤ。そのままでは苦いけど、調理したら独特の味を出して栄養満点!あと、肌質・・・
秘密実は、あるところから透明のながーーーーーーーい毛が一本生えています
ここが変だよ、ABC!編成部の偉い人のデスク後ろに巨大な「X」という文字が描かれている・・・秘密結社なのか。社員食堂に、なぜかスプーンを大量に使ったアートがある


主な出演番組


「おはよう朝日です」(2005年4月から16年9月まで)。
「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」(2011年10月から15年3月まで)。
「喜多・西森のゆかいな金曜日!」(2019年4月から20年10月の番組終了まで)。

資格


剣道三段の資格を所持されています。

管理人からひと言


今日の今日までずっと関西出身の方だと思ってました。埼玉だったんですね。


    最新記事




    同局のアナウンサー
    関連記事


    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply

    当サイトは女性アナウンサーに関する最新の情報、話題をできるだけ載せているサイトです。
    記事において問題等がございましたら、御連絡を下さい。 メールフォーム

    Designed by Akira.

    Copyright © 女子アナ大名鑑 All Rights Reserved.