杉原千尋アナ(フジテレビ)


YouTubeニコニコ動画リアルタイム検索5ちゃんねるGoogle画像検索ウィキペディア

名前杉原 千尋
(すぎはら ちひろ)
生年月日1995年11月9日
出身地富山県
身長165㎝
血液型O型
最終学歴国立音楽大学
入社2018年
配偶者
関連

経歴


学生時代は幼稚園の先生を目指されていました。

幼稚園教諭の免許を取得後の大学3年生の時、転機が訪れます。成人式を終えた杉原アナは母親からこう言われました。『何かに挑戦してほしい』。そして『アナウンサーを目指してみたら?』。以前から母親は『テレビに出る仕事に向いている』と勧めていましたが、杉原アナは『私みたいなのが出られるわけないよ』と常に否定的でした。そんな娘の態度に業を煮やしたのか、母親は勝手にアナウンススクールに申込書を送ってしまったといいます。『通っているうちに仲間もできましたし、話すことも元々好きだったので“自分の言葉で伝えるのって面白いな”と感じ始めて本格的に目指すようになりました』。 出典 モデルプレス(7月16日)

入社1年前は今より7キロも太っていました
s_2019110512255514d.jpg

同期は井上清華アナ
入社半年から「ノンストップ!」を担当。
杉原アナは担当すると分かった時、『会議室の中でうれしくて騒いでしまいました』とのこと。 出典 スポニチ(18年11月8日)

新入社員歓迎懇親パーティーの模様(18年4月)
アナマガ

https://fod.fujitv.co.jp/リンク


2019年カレンダーの撮影風景(18年8月)
アナマガ

https://fod.fujitv.co.jp/リンク

2020年女性アナウンサーカレンダーの表紙の撮影風景(全員私服)
アナマガ

https://fod.fujitv.co.jp/リンク



人柄


モットー努力は裏切らない
短所飽きやすい所
趣味買い物、ドライブ、散歩、映画鑑賞、ロックフェスに行くこと
好きなもの面白いものや、楽しいことは何でも好きです!
苦手なもの虫、セロリ
休日の過ごし方映画を観たり、買い物をしたり、友達と過ごしたり…
アナウンサーになっていなかったら子どもが好きなので、幼稚園教諭になろうと思っていました年
担当したい番組楽しく笑えるバラエティ番組や、音楽に携われる番組を担当したいと思っていますが、様々なことに興味を持ち挑戦していきたいです。そしてテレビから笑顔、勇気、元気を届けたいです!

インタビュー あなたの質問に答えます!
アナマガ
・18年7月

元フジテレビアナ加藤綾子さんとの共通点を週プレが指摘しています。
それによると、出身大学が同じ国立音楽大学であること、新人時代に出演したクイズ番組で珍回答を連発したことを挙げています。杉原アナは「ネプリーグ」に出演した際、“観客”を英語で書く問題に『モニタリング』と叫び、“正義”を“ヒーロー”だと珍解答しました。

一方、加藤綾子さんは「平成教育委員会」で“日本の三大名園は?”との筆記問題に“ぎおん園、おの園、東京園”と書き、“自由民主党四役は?”との問題では“せいちょう会長、大表取締役、大臣”と珍解答しました。
結果、加藤さんの最終成績は0点のビリに。しかし、それがかえって良かったとフジテレビ社員は話します。『入社当時、彼女は"スーパー綾子"として話題になり、デビュー前からかなり高いハードルを設定されていた。けど、あの番組に出演したことで親しみやすさが生まれ、幅広い人気を獲得するようになったんです』。
杉原アナも、好きな女性アナウンサーランキングに顔を出す日も近いかもしれませんね。

ちなみに上記の問題の正答は、[観客=オーディエンス]、[正義=ジャスティス]、[日本の三大名園=兼六園、後楽園、偕楽園]、[自由民主党四役=幹事長、総務会長、政務調査会長(政調会長)、選挙対策委員長(選対委員長)]です。 出典 週プレNEWS(18年12月9日)

主な出演番組


「プロ野球ニュース」(2018年7月から)。
「ノンストップ!」(2018年10月から)。
「チャギントン」(2019年5月から/7代目ナビゲーター)。
「BACK TO SCHOOL!」(2019年10月から)。

資格


漢字検定2級 幼稚園教諭一種の資格を所持されています。

ネット上の評判


個性的なお顔をしているから人気が出るかも。
やっぱり「ノンストップ!」の担当になった。
「めざましテレビ」にもレギュラーになって欲しい。・・・などの声が挙がっていました。


    最新記事




    関連記事

    当ブログは女性アナウンサーに関する最新の情報、話題をできるだけ載せているサイトです。
    記事において問題等がございましたら、御連絡を下さい。 メールフォーム

    Designed by Akira.

    Copyright © 女子アナ大名鑑 All Rights Reserved.