井田由美アナ(日本テレビ)


    YouTubeニコニコ動画リアルタイム検索5ちゃんねるGoogle画像検索ウィキペディア

    名前井田 由美
    (いだ ゆみ)
    生年月日1957年9月19日
    出身地福岡県
    身長157cm
    血液型O型
    最終学歴慶應義塾大学法学部
    入社1980年
    配偶者
    関連

    経歴


    中学・高校時代は大阪で生活をしていました。

    大学在学中、演劇集団円に所属。同期には石田純一さんがいました。
    井田由美アナ
    その後、役者の道を断念するも演技経験が面接で評価され、日本テレビに入社。
    入社当時は“元祖アイドルアナウンサー”として人気を博したそうです。

    番組CM「ルンルンあさ6生情報」(83年)
    キャビキャビしてます

    YouTube_201804180620094de.jpg

    https://www.youtube.com/リンク


    新人時代は、トークショーや旅番組といった軟らかい番組への起用を望むも、いかんせんお呼びがかからず。クイズ番組を担当するも長続きはせず。本人曰く『バラエティー番組に関わらなかった、のではなく、バラエティーを仕切る素質と技量がなかったのである』と当時を謙遜交じりに振り返っています。 出典 井田アナのブログ(17年2月6日)

    ということで・・・以後は報道の世界へ。
    1990年、「きょうの出来事」のキャスターに就任。長きにわたり日本テレビ23時台の顔を勤めました。

    「きょうの出来事」(97年)
    YouTube_20180418062224532.jpg

    「きょうの出来事」(01年)
    解説者が放送禁止用語を連発するも、冷静に対応しました。
    ※お顔は写っていません

    YouTube_201804180623583a1.jpg

    https://www.youtube.com/リンク


    2004年からはアナウンス部を離れ、報道局解説委員に就任。
    2010年1月から「皇室日記」を担当。
    2012年、アナウンス部に復帰。

    2017年9月に定年を迎えましたが退社はせず、アナウンサー業務を続けられています。現在の肩書は編成局アナウンスセンターアナウンス専門部長。

    人柄


    好きな言葉・座右の銘遊びをせんとや生まれけむ
    趣味観劇、端唄、数独
    自身について私は“毎日同じことをしている”人間だ。繰り返しの多い日常は、単調で、時に退屈ですが、日々の暮らしを大切にすることが、仕事や、人との交流を深めていくと信じています
    青春時代によく聴いた曲とその思い出『ナオミの夢』。大坂なおみ選手の大活躍で思い出したのですが、私の中学生時代、ラジオをつけると必ずと言っていいほど流れてきたのが『ナオミの夢』。ヘドバとダビデという名のコンビが日本語で歌っていました。大ヒット曲でした。久々に口ずさんでみたら、歌えました!若き日の記憶力はすごい...
    アナウンサーとしてやりがいを感じる時『あなたの声でニュースを聞くと、気持ちが落ち着く』と、視聴者の方から言われたことがあります。励みになりました
    今、行きたい場所とその理由『芝居の稽古場』。美術番組「美の世界」で、100人を超える芸術家のアトリエにお邪魔しました。真っ白な紙に、線が入り、色が変わり、生きた作品となっていく様を目の当たりにする幸せに恵まれました。多人数で創る演劇は、どのような瞬間に息を吹き込まれ、舞台美術として躍動し始めるのか、稽古場の片隅で、こっそり観察してみたい
    2019年の抱負『語り継ぐ』元号が変わる節目の年です。30年前、昭和から平成に変わる瞬間の特別番組を担当していた者として、後輩(特に平成生まれの若手アナウンサーたち)に経験談を伝えようと思います
    備考2017年は年初の誓い通り、風邪を一度たりともひかなかった


    主な出演番組


    「きょうの出来事」(1990年4月から94年3月まで/金曜から日曜、1994年4月から96年3月まで/土曜から日曜、1996年4月から03年9月まで/月曜から金曜)。
    「皇室日記」(2010年1月から)。

    管理人からひと言


    井田アナはアナウンサーのタレント化に肯定的なスタンスです。ブログには自身の考えを、次のように記しています。『バラエティーに出演しているアナウンサーの軸足、すなわち感性が、日々の暮らしを大切にする視聴者の側にある限り、どんなにはじけても、はしゃいでも、アナウンサーの仕事の範疇、と私は思っている』。 出典 井田アナのブログ(17年2月6日)

    意外でした。井田アナはずっと報道畑の人なので、もっと硬い人だと思っていました。浮ついたアナウンサーを嫌う、四角四面な人だと。今の日本テレビはこの井田イズムが自由闊達な空気を生み、水卜アナを始めとする人気アナウンサーを作ったのかも知れませんね。 


      最新記事




      関連記事


      <