八田亜矢子さん

公式プロフィール八田亜矢子さん

YouTubeニコニコ動画リアルタイム検索5ちゃんねるGoogle画像検索ウィキペディア

名前八田 亜矢子
(はった あやこ)
生年月日1984年10月4日
出身地東京都
身長164㎝
血液型
A型
最終学歴東京大学医学部健康科学・看護学科卒、東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
所属事務所セント・フォース
配偶者有り
関連

経歴


教育に厳しい家庭で育ち、子供の頃はTVと漫画を禁止されていました。ゲームを初めて買ったのは高校入学後で、元手は地域振興券でした。ちなみに買ったのはプレイステーション本体(ソフト一本同梱版)。

その後、一浪して東大に入学。大学に入るとともに一人暮らしを始め、WiiやDSといった全てのゲーム機を買い揃え、友達と熱中していたそうです。八田さんは2019年現在、AbemaTVでeスポーツの番組を担当しています。ゲーム好きなのでまさに適任ですね。 出典 AbemaTIMES(18年10月22日)

AbemaTV「ウルトラゲームステーションズ ストV AE」(1月)
格闘ゲームをプレイする八田さん

AbemaTV_20190527211038643.jpg
【動画】

大学1年の時、ミス&ミスター東大コンテスト2004に出場し、ミス東大に輝きました。
在学中からキャンパスパークに所属し、タレント活動を開始。
2006年4月からTBS「王様のブランチ」でブランチリポーターを担当。

「トリビアの泉」家庭教師のトライで行なわれている女性教師の実力ナンバー1を決めるコンテストの上位はなぜか美人が多い(06年)
YouTube_201905272002437b4.jpg

https://www.youtube.com/リンク



2013年3月、東京大学大学院医学系研究科修士課程修了。
同年12月、東大医学部健康科学科時代の同級生と結婚。
八田さん29歳、お相手は26歳。八田さんはタレント活動をしていたため2度留年をしており、2歳年下のお相手とは2年生の時に同級生でした。交際期間は約4年。

当時、配偶者は京都の公立大学医学部に通う1年生。外科医を目指されていて、共に暮らす家賃や生活費、また学費も八田さんが支払われていました。『外見はとても若くて、一緒にいると“弟さん?”と聞かれることもありますが、中身はとてもしっかりしています』と配偶者について語っていました。 出典 スポニチ(13年12月25日)

2018年2月、配偶者の学校関係の振り込みをするため、銀行に一人で行ったところ規格外の憂き目に遭いました。応対した行員が八田さんを見て、なの迷いもなく『お母様ですねー』と一言。大学生の母親・・・つまり40~50代だと勘違いされてしまったのです。『昔から老け顔だったから年上に見られるのは慣れてたはずだけどなんか今日のは…久しぶりに大ダメージを受けたよ/もう一生、あの銀行では口座つくらない!!』とお冠でした。
八田亜矢子のオフィシャルブログ『はったあやこSTYLE』
出典 八田さんのブログ(18年2月20日)


「そ~だったのかンパニー」(18年)
YouTube_201905272036066ec.jpg

https://www.youtube.com/リンク


「ニュース女子」(4月15日)
YouTube_201905272122375a5.jpg

https://www.youtube.com/リンク



人柄


趣味ゴルフ、料理
特技ピアノ


主な出演番組


TBS「王様のブランチ」(2006年4月から07年12月まで/ブランチリポーター)。
日本テレビ「ラジかるッ」(2007年4月から09年3月まで)。
TOKYO MX「チェックタイム」(2012年4月2日から13年3月まで/メインキャスター)。
Eテレ「NHK高校講座 生物基礎」(2014年4月から)。
テレビ新広島「そ~だったのかンパニー」(2018年4月から)。
AbemaTV「ウルトラゲームステーションズ ストV AE」(2018年12月から19年1月まで)。

管理人からひと言


高学歴ですがどこか親しみやすさがありますね。


    最新記事




    現在の担当番組Gガイド

    高校講座 生物基礎[Eテレ]
    鉄道紀行 ニッポンぶらり鉄道旅[NHK BSプレミアム]
    そ~だったのかンパニー[テレビ新広島]
    〇ネット
    ニュース女子(月曜日 22:00~)[DHCテレビ]※生配信
    アーカイブ
    関連記事

    当ブログは女性アナウンサーに関する最新の情報、話題をできるだけ載せているサイトです。
    記事において問題等がございましたら、御連絡を下さい。 メールフォーム

    Designed by Akira.

    Copyright © 女子アナ大名鑑 All Rights Reserved.