藤井彩子アナ(NHK) 

公式プロフィール
藤井彩子アナ
■アナウンサー一覧
■NHKトップページ

YouTube_20180521101426635.jpgニコニコ動画Yahoo!リアルタイム検索5ちゃんねるGoogle画像検索ウィキペディア
名前藤井 彩子
(ふじい あやこ)
生年月日1969年8月23日
出身地東京都
血液型A型
最終学歴青山学院大学文学部
入局1993年
関連すっぴん!ブログ
番組公式ブログ
「すっぴん!」

NHKラジオ らじる★らじる
生配信
らじる★らじる
NHKネットラジオ

NHKラジオ らじる★らじる
音声
「すっぴん!」
最近の放送回


経歴


父親が裁判官のため引っ越しが多く、北海道、大阪府、神奈川県で暮らしていました。

1993年、NHKに入局。入局当初はスポーツを担当していました。
初任地は松江放送局で、次いで大阪放送局、東京アナウンス室、再び大阪放送局、東京アナウンス室を経てその後、日本語センター出向を経由し、現在はラジオセンターに籍を置いています。

1999年、夏の高校野球甲子園大会で、NHKの女性アナウンサーとしては初めてラジオ中継で実況を担当しました。

「甲子園ハイライト」(99年)
YouTube_201806141426511b0.jpg

https://www.youtube.com/リンク


大阪放送局時代に出演した地デジのCM(08年)
YouTube_20180614142749fd1.jpg

https://www.youtube.com/リンク


2008年、当時大阪府知事だった橋下徹さんに番組内での発言を怒られるという事件がありました。
それは生放送の討論番組でのこと。知事に就任して間もない橋下さんが番組に遅れてスタジオ入りすると、藤井アナが『約30分の遅刻で到着されました』と紹介。それに橋下さんは激怒。それもそのはずで、橋下さんは事前に『絶対その時間(に到着するの)は無理ですよ』とNHK大阪放送局側に伝えていました。ハナから遅れるのを知っているのにそんな扱いをされちゃあ、怒るのも当然でした。

橋下さんは同日開いた会見で、『公務だとスタジオに連れて行かれ、女性司会者に頭にきた。出演前後の挨拶も無かった。局に呼びつけられることが公務とは思わないので、今後、NHKには一切出ない』とおかんむり。それを受けNHK大阪放送局の広報部は『藤井アナの発言は場を和ませようとしたもの』と釈明しました。 出典 ライブドアニュース(16年11月8日)ほか

ちなみに橋下さんは大阪府立北野高等学校時代の同級生です。

配偶者、古今亭菊之丞さんのプロフィール
古今亭菊之丞

プライベートでは2003年、当時担当していた「NHKニュースおはよう日本」のディレクターと結婚。しかしその後、2012年1月に離婚。

2013年3月、落語家の古今亭菊之丞さんと再婚をしました。
藤井アナ43歳、菊之丞さんは40歳。ちなみに菊之丞さんにも結婚歴があり前妻は芸者さんでした。

出会いは2010年で、NHKBS「お好み寄席」での共演だったそうです。番組を担当するまで落語をまったく聞いたことがなかったという藤井アナに、菊之丞さんがイロハから教え指南したそうで、そうこうするうちに2012年の夏から交際が始まったといいます。 出典 ZAKZAK(13年3月15日)

菊之丞さんの落語(14年)
もう名人の域に達していますね

YouTube_20180615103633bb5.jpg

https://www.youtube.com/リンク



主な出演番組


「NHKニュースおはよう日本」(2002年4月から04年3月まで/スポーツキャスター)。
「お好み寄席」(2010年4月から11年3月まで)。
「あさイチ」(2011年6月から12年3月まで/リポーター)。
「すっぴん!」(2012年4月の番組開始時から)。

人柄


モットーは『いつも全力投球』

好きな食べ物は、お鮨、韓国料理、麺類。
趣味・特技は、料理、ランニング、旅、長風呂。
ストレス解消法は、旅先で見たことのないものを見、食べたことのないものを食べ、出会ったことのない人と語らうこと。

アナウンサーになっていなかったら、父の跡を継いで弁護士になりたかった、とのこと。

ネット上の評判


アナウンス技術が高い。子供の扱い方が上手い。
そろそろテレビの仕事頼みます。
すっぴんブログに載っている写真がちょっと大きいので嬉しい。・・・などの声が挙がっていました。


    最新記事




    関連記事



    当ブログは女性アナウンサーに関する最新の情報、話題をできるだけ載せているサイトです。
    記事において問題等がございましたら、御連絡を下さい。 メールフォーム

    Designed by Akira.

    Copyright © 女子アナ大名鑑 All Rights Reserved.